不育症の可能性とは

不育症は誰でもなる可能性

不育症は誰でもなる可能性がある

せっかく妊娠したとしても流産を繰り返してしまい、赤ちゃんが育たない不育症という病気があります。不育症にならないための予防法や対策は現在では特にないとされていて、だれでもなる可能性がある病気なので生活習慣などが原因ではないかと自分を責めることはありません。ただ母体の年齢が上がるとリスクは上昇します。検査や治療によって妊娠の継続が可能になり出産に至るカップルは大勢いるので、まずは専門の医療機関へ相談しましょう。

↑PAGE TOP